ドラゴンボールFW PR

【ドラゴンボールFW】スタートデッキ「孫悟空」の全カードをチェックする

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

スタートデッキ「孫悟空」の全カードチェック

この記事では、新しく始まったドラゴンボールのカードゲームである「ドラゴンボール フュージョンワールド」のスタートデッキ「孫悟空」の全カードをチェックしています。

全カードをチェックしながら、どのようなデッキかまとめて行きますので、気になる方は参考にしてみてください!

この記事のまとめ

赤のST孫悟空がリーダーカードのデッキになります。赤のカードは相手のパワーを下げて除去しつつ、こちらのリーダーカードの孫悟空の効果でバトルカードのパワーは上げて戦うというミッドレンジ型のデッキになっています。フィニッシャーには、5コストの孫悟空と4コストの孫悟飯が2枚ずつ入っていますので、このキーカードを引けるかが肝になります。

 

パッケージ

発売日2024年2月16日(金)
希望小売価格990円(税込)
セット内容構築済みデッキ:カード51枚
エナジーマーカー:1枚
プレイシート/ルールマニュアル:1枚
ボーナスパック:1パック
デジタル版連動シリアルコード:1枚
レアリティリーダーカード:1種
コモン:13種
スーパーレア:2種

このデッキは、赤色をメインカラーとしたデッキで、パッケージはスーパーサイヤ人の孫悟空になっています。何だかんだでスーパーサイヤ人1が一番カッコいいですよね。

価格は、990円で1つのデッキが入っていて、遊ぶために必要なカードは全部揃っていますので、これを買えばとりあえず遊ぶことが可能です。

デジタル版に連動したシリアルコードが入っています。このコードを使えば、このスタートデッキの収録カードが全てデジタル版のDBFWで使うことができます。

デジタル版では、ルールが丁寧に解説されていたり、CPUと対戦して練習したり、全世界のユーザーと一緒に戦ったりできるので、ちょっと初めて見たい人や、遊びたいけど短時間しか時間が無い人におススメです。

スタートデッキを開封

開封してみた

開封してみると、スーパーサイヤ人の孫悟空のリーダーカードが一番上に入っているデッキの束、紙の説明書、ボーナスパックの3点が入っていました。

デッキの束は、しっかりとビニールで梱包されており、カードに傷が入らないように工夫されておりました。神経質な私には、ビニールで綺麗に梱包されているのは嬉しいですね。

ボーナスパックの中身

ボーナスパックを開けてみると、5コストの孫悟空のパラレルレアカードが入っていました。ボーナスパックには、スタートデッキに入っているカードのパラレル仕様(加工違い)のカードが入っているようです。

スタートデッキ孫悟空のボーナスパックで当たるカードは、「ウイス」・「クリリン」・「シン」・「孫悟空」・「孫悟飯」・「かめはめ波」・「ゴッドかめはめ波」と7種類あるようです。

ルールの紹介と紙のプレイマット

一緒についている紙を開くと、表はカードの紹介やゲームの流れが書いております。裏面はプレイマットになっていて、実際にゲームをする際に、どこに何を配置して遊ぶのか?ターンの流れなどが記載されていて遊びやすくなっています。

リーダーカード

孫悟空

孫悟空

FRONT

赤 パワー15,000

サイヤ人/第7宇宙

【アタック時】カードを1枚引く

【覚醒】自分のライフが4以下の場合、カードを1枚引く。その後、このカードを裏返す。

孫悟空

AWAKEN

赤 パワー20,000

サイヤ人/第7宇宙

【アタック時】カードを1枚引く

【起動 戦闘中】【ターン1回】自分のバトルカード1枚までを選び、この戦闘中、パワー+5000

ここからは実際の収録カードを確認していきます。

リーダーカードが孫悟空になっています。世間では、ST悟空と呼ばれているようです。

表面の時は、パワーが15,000で、アタック時に1ドローできます。ライフが4以下になると「覚醒」することができ、1ドローした後でカードを裏返します。

覚醒後は裏面になり、パワーが20,000になります。アタック時の1ドローはそのままですが、(自身のターンでも相手のターンでも)戦闘中にターン1回だけ起動することができ、バトルカードのパワーを5,000あげることができます。

赤いバトルカードであれば、自分のターンでも相手のターンでも1回だけ5000パワーを上げることができるというのは強いですね。自分のカードを守るためには手札のカードを使ってコンボして守る必要があるので、この能力だけで守れればリソース差をつけやすくなりそうです。また、対象の条件が無いので赤の強いカードを無条件に入れることができる点も使い勝手がよさそうだと思いました。

バトルカード

孫悟空(2枚収録)

孫悟空赤 5コスト パワー35,000、コンボパワー0

サイヤ人/第7宇宙

【ダブルストライク】このカードで与えるダメージは2になる。

【登場時】相手のバトルカード1枚までを選び、このターン中、パワー-20,000する

スタートデッキにはSRのカードが2種類入っていいます。

5コストの孫悟空は、パワー35,000でコンボパワー0のカードで、ダブルストライクと登場時に相手のバトルカードのパワーを-20,000することができます。

バトルカードのパワーが0になると、ドロップエリアに置かれます(KOではない)。KO時に発動する効果を持つカードなどの発生をさせずに処理できるのが強いですね。またダブルストライクがあるので、コンボパワーを乗せて、ダブルストライクで最後のライフを詰めるという事にも使えそうです。

孫悟飯:青年期(2枚収録)

孫悟飯赤 4コスト パワー25,000 コンボパワー5,000

サイヤ人/地球人/第7宇宙

【クリティカル】(このカードのアタックでダメージを与えた時、そのライフはドロップに置かれる)

【アタック時】相手のバトルカード1枚までを選び、このターン中、パワー-10,000。

4コストの孫悟飯(青年期)は、パワーが25,000で、コンボパワーが5,000のバトルカードです。クリティカル持ちなので、相手に攻撃が通った時にライフが手札に行かずに、そのままドロップに置かれるという効果があります。

アタック時に、相手のバトルカード1枚までを選びパワーを10,000下げることが可能で、これも非常に強力な効果になっています。

通称アルティメット悟飯ですね。このカードゲームは相手の手札を減らせば減らすほど強いので、このクリティカル効果が強く働きます。また、アタック時の-10,000も効果的で、この効果で下げた後で、エクストラカードを使って相手のエースカードを倒すという使い方もできます。

ウイス(4枚収録)

ウイス赤 1コスト パワー5,000 コンボパワー10,000

天使/第7宇宙

【登場時】相手のバトルカード1枚までを選び、このターン中、パワー-5000。

ウイスは、1コストでパワー5000、コンボパワー10,000のバトルカードです。登場時に、バトルカード1枚までを選び-5000することができます。

最初のターンなどでっパワー5,000のバトルカードを獲っておけるのが強いですね。またコンボパワーが10,000あるので、終盤でも腐りにくい1枚になっています。

亀仙人(4枚収録)

亀仙人赤 1コスト パワー5,000 コンボパワー5,000

地球人/第7宇宙

【登場時】カードを1枚引く。

亀仙人は、1コストでパワー5,000、コンボパワーが5,000のバトルカードです。登場時に1ドローすることができます。

この1ドローの効果は結構有効で欲しいカードが手札にない時に早めにだして手札のリソースを増やしておいたり、終盤で欲しいカードを目指してドローソースとして使うということができます。こういうドロー系のカードは、外されることも多いですが安定性を目指すなら4枚積んでおいても良いのかなと思う1枚ですね。

天津飯(4枚収録)

天津飯赤 1コスト パワー15,000 コンボパワー10,000

地球人/第7宇宙

天津飯は、1コスト、パワー15,000、コンボパワーが10,000のバトルカードです。能力が無いバニラカードなので、パワーやコンボパワーなどのスペックが優遇されているという特徴があります。

1コストで15,000とフロントを向いているリーダーカードにも届くパワーラインは魅力的ですよね。個人的には前半のターンはリソースを増やしたいので、1コストの亀仙人とかの方が優先度高いかもと思ってしまいました。

人造人間18号(4枚収録)

人造人間18号赤 2コスト パワー20,000 コンボパワー10,000

人造人間/第7宇宙

人造人間18号は、2コスト、パワー20,000、コンボパワー10,000のバトルカードです。バニラカードなので、2コストにしては優遇されたパワーラインになっていますね。

ベジータ(4枚収録)

ベジータ赤 2コスト パワー15,000 コンボパワー10,000

サイヤ人/第7宇宙

【クリティカル】(このカードのアタックでダメージを与えた時、そのライフはドロップに置かれる)

ベジータは、2コスト、パワー15,000、コンボパワー10,000のバトルカードです。

クリティカルを持っているので、ダメージを与えた際にライフがそのままドロップに送られます。相手とのリソース差をつけることができる強い能力ですね。

このベジータは、サイヤ人編のベジータですかね。クリティカル能力は、終盤でも序盤でも相手のリソースを削ることが可能な能力なので良いですが、パワーが15,000と弱めなので、中盤以降はコンボ要員となりそうですね。

クリリン(2枚収録)

クリリン赤 2コスト パワー15,000 コンボパワー10,000

地球人/第7宇宙

【永続】【自分のターン中】このカードのパワー+5000。

【登場時】自分のライフ1枚までを手札に加える。

クリリンは、2コストでパワーが15,000、コンボパワーが10,000のバトルカードです。自分のターン中は、パワーが5,000上がり20,000となります。また、登場時にライフを1枚手札に加えることができます。

自分のライフを削る能力ですが、1枚「までを」となっているので0枚と選択しても問題ないとうのが注意点です。序盤に自分のライフを削て、早いターンに覚醒しながら、リソースを増やしておいて勝利を目指すという戦い方もできるので、使い処が多い1枚になります。

人造人間17号(4枚収録)

人造人間17号赤 3コスト パワー20,000 コンボパワー10,000

人造人間/第7宇宙

【永続】【自分のターン中】このカードのパワー+5000。

【登場時】自分のライフ1枚までを手札に加える。

人造人間17号は、3コストでパワー20,000、コンボパワー10,000のバトルカードです。永続効果で、自分のターン中であればパワーが+5,000になるので、25,000で攻撃することが可能です。また、登場時にライフ1枚までを追加することが可能になっています。

自分のターン中は25,000というのが強いですね。相手のリーダーカードは15,000(覚醒で20,000)というケースが多いので、こちらのリソースを使わずに相手のリソースを削るという事が可能になります。

ピッコロ(4枚収録)

ピッコロ赤 3コスト パワー25,000 コンボパワー10,000

ナメック星人/神/第7宇宙

ピッコロは、3コスト、パワー25,000、コンボパワーが10,000のバトルカードです。効果や能力は持っておりませんが、パワーなどが高めに設定されています。

25,000のパワーラインは魅力的で、リーダーカードのブロリーは覚醒すると25,000になりますし、その他の覚醒したリーダーカードは20,000というパワーラインなので攻撃すればリソースを削れるという使い勝手がある1枚になります。

ビルス(2枚収録)

ビルス赤 3コスト パワー20,000 コンボパワー5,000

破壊神/第7宇宙

【クリティカル】(このカードのアタックでダメージを与えた時、そのライフはドロップに置かれる)

【アタック時】このカード以外の自分のバトルカード1枚までを選び、このターン中、パワー+5000。

ビルスは3コストでパワーが20,000、コンボパワーが5,000のバトルカードです。クリティカルを持っているので、相手にダメージを与えた際に手札にいかずにドロップエリアにおくることができます。 また、アタック時にこのカード以外を選んでパワーを5,000上げることができます。

バトルカードのパワーを上げる能力が強いですね。ビルスで20,000、次のバトルカードでも20,000、孫悟空のリーダー効果でさらに20,000と連続して攻撃するということができそうです。

フリーザ(4枚収録)

フリーザ赤 4コスト パワー30,000 コンボパワー10,000

フリーザ一味/第七宇宙

フリーザは4コストで、パワーが30,000、コンボパワーが10,000のバトルカードです。能力や効果が無いですが、パワーが30,000と高めに設定されています。

4コストと、このデッキでは高いコストのカードですが30,000と高いパワーを誇っています。しかしながら効果がないので、ちょっと微妙な性能になってしまっています。

シン(4枚収録)

シン赤 7コスト パワー15,000  コンボパワー10,000

【スーパーコンボ】(【スーパーコンボ】を持つカードはデッキに4枚までしか入れることができない)

【自動】【相手のターン中】手札のこのカードでコンボした時、このカードのコンボパワー+10,000。

シンは、7コスト、パワーが15,000、コンボパワーが10,000のバトルカードです。このカードは特徴としてスーパーコンボというものがあり、相手のターン中に使う時には20,000のコンボパワーとして使うことができます。

スーパーコンボはデッキに4枚までしか入れられないので、終盤の攻防で相手がスーパーコンボカードを何枚持っているか計算しながら戦うというものになります。

エクストラカード

ゴッドかめはめ波(4枚収録)

ゴッドかめはめ波赤 2コスト

【永続】自分のバトルカードが無い場合、手札のこのカードのコスト-1。

【起動メイン】相手のパワー30,000以下のバトルカード1枚までを選び、KOする。

ゴッドかめはめ波は、赤の2コストのエクストラカードです。こちらのバトルカードが無ければ1コストで使うことができます。効果としては、30,000以下のバトルカードでをKOすることができるので、相手のパワーを下げるカードが多い赤のデッキでは活躍しそうな1枚です。

 

かめはめ波(2枚収録)

かめはめ波赤 1コスト

【起動メイン】自分のリーダーか自分のバトルカード1枚までを選び、この戦闘中、パワー+15,000。その後、相手のバトルカード1枚までを選び、このターン中、パワー-5,000。

かめはめ波は、1コストで使うエクストラカードです。自分のターンのメインフェイズで使用し、自分のリーダーかバトルカードのパワーを15,000上げて、相手のバトルカードを-5,000下げるという効果になります。

相手の低コストで場に残っているコンボ要員を除去しながら、自分のバトルカードを強化して戦うことができるので、使い勝手が良さそうです。

さいごに

この記事では赤の孫悟空のスタートデッキを紹介させていただきました。ドラゴンボールフュージョンワールドの赤のカードは、相手と自分のパワーをコントロールしながら戦うテクニカルなデッキになっています。

覚醒した孫悟空のリーダー効果を活かすと、バトルカードを守りつつ、リソースの差をつけながら、SRカードの孫悟空と孫悟飯などフィニッシャーに繋げるというのが勝ち筋のようです。

それでは、本日の記事はここまでとなります!ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

ABOUT ME
麦茶
ドラゴンボールとワンピースカードが大好きな一児のパパです。主にブログとデジタル版のDBFWで楽しく遊んでます。